一級建築士重点対策導入講座が合格の要となる理由

近年の学科試験の問題は、従来の出題範囲外からの問題も少なくないなど、難度が高くなる傾向にあるともいわれていますが、他方、従来何度も出題されてきた基礎的問題の出題も少なくありません。

また、新規の問題が出されるとしても、実際は、4択の選択肢の中で、新規の設問と従来の出題範囲内からの設問とが混在している場合も少なくなく、以上からも合格を先ず確実にするためには、基礎的知識をしっかり身につけておくことが益々、重要となってきており、また今まで以上に基礎的問題は絶対にとりこぼせないものとなってきているともいえます。

更に、より深い理解力を要する難度の高い問題を解くためには、しっかりした基礎力が不可欠であることは申すまでもありません。

以上のような理由から、本講座では、特に基礎的知識の把握に時間を要する環境・設備、法規、構造に重点を置いた重点対策導入講座を設けており、毎年多数の合格者より高い評価を受けております。
平成31年度一級建築士講座 一覧

ページのトップへ戻る