全日本建築士会 道具館
■使い手の心を伝える道具館
─TOOLS tell you the spirit of the carpenters
平成2年 全日本建築士会付属建築道具館 開館
 栃木県在住の宮師六代目伊豆守則直(いずのかみのりなお)赤穂新太郎さんの持つ389種類586丁の使い込まれた道具が、その基本となって展示されています。
 現役を退こうとされた赤穂さんは、せめて道具は遺したいと思っておられたところ、匠の心を受け継ぎ、日本の伝統的な木造建築文化を継承していこうと考えている全日本建築士会と出会い、道具館設立の運びとなりました。その後も、この道具館設立を知った会の内外の方々から、貴重な道具の寄贈がつづいています。使い手の温もりが残る道具を揃えたユニークな道具館として、建築道具館は、着実に歩み続けていこうとしています。

 単に古いとか珍しいという意味で集められた道具ではなく、使い手に守られ、また鍛えられ、日々その技を木に伝えてきた生きた道具を集めた独特の道具館を目指し、全日本建築士会付属建築道具館をさらに発展させようとしています。


・開館日 平日(10:00~17:00)
・休館日 土日祭日

※入場は無料ですが来館の折は、事前に必ずご連絡(電話、FAXまたはE-mail)下さい。
 TEL:03-3367-7281   FAX:03-3367-7283